秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

男鹿市

男鹿市の概要

男鹿のナマハゲ、ハタハタ、天然の地層博物館、
日本海を一望するパノラマビュー。

国定公園として有名な約30㎞四方のコンパクトな半島には、7,000万年前から現在までの大地の歴史を連続して観察できる地層、多彩な表情をみせる海岸線や緑濃い半島中央部の山並み、また、聳え立つ寒風山などのなだらかな丘陵、水辺に広がる田園風景など、特徴的な自然が詰まっています。
また、伝統行事である男鹿のナマハゲは、昭和53年5月に国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、独特のキャラクターが様々なメディアで紹介され、秋田県のシンボル的な存在として全国的に有名です。
半農半漁、水稲、メロンや和梨、花卉、葉タバコなどを主な産業としています。

お問い合わせ
男鹿市 総務企画部 企画政策課 移住定住促進班
☎ 0185-24-9122  FAX 0185-23-2922
Email oga_iju@city.oga.akita.jp
男鹿市公式ページ
http://www.city.oga.akita.jp/
全国移住ナビ

oga-namahage 年末風物詩
「男鹿のナマハゲ」
map-ogacity

移住サポート・暮らし情報

教育環境
保育園・幼稚園:7・2、小学校:6校、中学校:4校、高等学校:2校
医療機関
診療所:4、一般病院:12、緊急病院:男鹿みなと市民病院、小児科:4、歯科:10、眼科:2
空き家バンク
http://www.city.oga.akita.jp/index.cfm/13,1259,87,html
移住サポート

先輩移住者団体「果工務店(はてこうむてん)」

地の果てにある男鹿半島だからこそ残されてきた文化や、自然環境の中で自給自足的に暮らす術を広めながら、男鹿半島への移住促進、移住関心者・移住者のサポートなどを行なっています。

仕事

ハローワーク男鹿の週刊求人情報|毎週、更新されます!

【就業に関する補助金】

就業資格取得支援助成金交付事業|求職者に対し、就業する上で有利となる資格の取得に要する費用の一部を助成(助成対象費用の2分の1に相当する額:上限5万円)(男鹿まるごと売込課 商工港湾班:0185-24-9143)

医師等修学資金貸付事業|医師、看護師等として男鹿みなと市民病院に勤務しようとする者へ返還が免除される「医師等修学資金」の貸付

就農

農林漁業後継者等奨励措置|農林漁業の振興及び活性化を図るため、新たに農林漁業を承継する者及び新たに農林漁業を経営する者に対し、条件を満たす場合50万円を交付する。

起業

ドチャベン2018「野性的起業論」|地域資源を生かした起業による移住を応援する「ドチャベン」(=土着ベンチャー)プログラム。県外在住者又は県内移住後3年未満の方で、県内で起業家・移住者の受入れを希望している5市町(能代市、男鹿市、湯沢市、五城目町、美郷町)にて、2019年4月以降の起業・事業創出を目指す方の参加を募集しています。

男鹿市商店街パワーアップ支援事業補助金|創業支援や賑わい溢れる商店街づくりを推進するため、空き店舗の賃貸料及び改装費の一部を助成(改装費:2分の1(限度額50万円)、 賃借料:月限度額4.0万円を最大1年間)

教育・子育て

福祉医療費助成事業|0歳~中学生のお子さん(中学校修了年度の3月31日まで)の外来と入院にかかる保険診療自己負担分を助成します。※一部所得制限有り

おがっ子ネウボラ|母子保健コーディネーターを中心に、保健師、助産師、臨床心理士などが一つになった支援チームの窓口を設置しています。

ママ・サポート119|妊婦さんが安心して出産に臨んでもらうため、妊婦さんの希望により、出産予定日や母体の状況等を事前に登録し、緊急な搬送が必要な時に、円滑に安心して医療機関に向かうことができます。

ファミリーサポートセンター事業|子育ての援助を受けたい人と行いたい人とが会員になって、子育て家庭を地域で支えるシステム

子育て世帯応援プラン事業|子育て世帯の経済的負担の軽減を図り定住化を促進するため、市と協定を締結した銀行から子育てに係る資金の貸し付けを受けたかたに、融資に係る利子の一部を補助します。(利子補給率1.5% 最大3年間)

住まい

親元近居同居支援事業|市外から転入する子育て世帯が親世帯等
と市内に居住する近居、または同居するための住宅の取得や改修、もしくは住宅の賃貸に要する費用の一部を助成

定住促進事業|移住を促進し、定住人口の増加による地域の活性化を図るため、男鹿市へ移住する世帯の住宅取得費用の一部を助成(取得費の50%・最大100万円補助)

相談会・イベント

ターンズのがっこう-秋田科-|果工務店が講師を務めるターンズのがっこう1-A男鹿半島クラス。8月26日には都内交流会、10月13日(土)~15日(月)には現地交流会が開催されます。

なまはげ柴灯まつり(2月)、宮沢海岸夕陽フェスティバル(7月)、男鹿日本海花火(8月)寒風山まつり(9月)秋田船方節全国大会(11月)などが行われます。

SNS
https://www.facebook.com/ogaiju

2018年8月8日現在

移住者インタビュー

記事はありません。

秋田県外の相談窓口

【移住・就職相談】あきたで暮らそう!Aターンサポートセンター
(認定NPO法人ふるさと回帰支援センター内)

県内の市町村や関係機関と連携した秋田での暮らしや仕事に関する相談窓口です。
「Aターンプラザ秋田」と連携し、Aターン就職に関する相談にも対応しています。

アクセス
JR有楽町駅〈京橋口。中央口(銀座側)〉下車
東京メトロ有楽町駅〈地下直結〉
場所
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8F
電話
080-9292-5195 (相談窓口直通)
Eメール
akita1@furusatokaiki.net
時間
火曜日~日曜日 午前10:00~午後6:00
(祝日、ほか夏季・年末年始の休業があります。)

【就職相談】Aターンプラザ秋田(秋田県東京事務所内)

Aターン登録のご案内、応募書類・面接などに関するアドバイスのほか、希望する求人とのマッチングを行います。

場所
東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館 7F
電話
0120-122-255
Eメール
a-plaza@coral.broba.cc
開館時間
月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:45(土曜・日曜・祝日休)
Aターン登録
公益財団法人 秋田県ふるさと定住機構 http://www.furusato-teiju.jp

秋田県内の相談窓口[移住相談窓口]

【移住相談】NPO法人秋田移住定住総合支援センター

場所
秋田市御所野地蔵田3-1-1 秋田テルサ
電話
018-893-3981
Eメール
yokoso@a-iju.jp
開館時間
月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:00

ページトップ