秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

市町村からのお知らせ

【藤里町】地域おこし協力隊募集中!(地域紙ライター&フードカーバリスタ)2020年06月17日

HP掲載用

 

秋田県藤里町をご存じでしょうか。
秋田県の北部に位置する、世界遺産「白神山地」の麓にある、人口3,100人ほどの小さな田舎。国道も鉄道も、コンビニもないですが、実は都心から最短2時間ほどで気軽に来れる町。これまで10人の“ヨソモノ”協力隊員が、ライター、エディトリアルデザイン、バリスタ、マルシェ、エリアデザインなど、小さな町へ新しい風を吹かせてきました。

あなたもこの町で、ひと風吹かせてみませんか?

詳細はこちらから→【藤里町地域おこし協力隊募集ページ】

 

①募集人数 若干名
②活動内容

月刊とじこじの発行やフードカーを通じて藤里町の人々と関わり、地域の活性化や魅力の再発見する仕事です。
この他、協力隊共通の活動として、SNS 等での情報発信、かもや堂の管理(町の作戦会議室)、任期満了後のキャリアに向けた起業など自主活動があります。

とじこじ

 

※1 月刊とじこじ:協力隊員記者が制作している地域コミュニティ誌、地域住民をターゲットとし、地域の豊かさの発見と地域の誇り・想いをつくる。(編集・デザイン・取材・ライティング)

 

フードカー

 

 

※2 フードカー:キッチンスペースを備えた車、地域を巡回しコーヒーなどを提供しながら地域のコミュニケーションやおでかけの機会をつくります。

③募集条件 (1)現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等に住民票を有し、隊員としての活動決定後は藤里町に住民票及び生活の拠点を移すことができる方(現住所が都市地域等であれば、藤里町出身者の応募も可能です)
(2)おおむね20歳以上45歳未満の業務に支障のない範囲で心身ともに健康な方(国籍は問いませんが、1年以上の就労ビザ等が取得でき、日常会話程度の日本語能力(JLPT N3 以上)を有している)また、未成年者の場合は保護者の同意書を提出ください
(3)普通自動車運転免許を所持し、実際に運転ができる方
(4)パソコンの操作ができる方
④求める人物像 ・地方での生活を望んでいる方
・協力隊としての活動意欲、熱意がある方
・地域住民とのコミュニケーションが図れ、地域おこし活動に意欲のある方
・活動内容を積極的に企画・提案・実行できる方
・困難に対して主体的に解決できる方
⑤活動場所

かもや堂藤里町全域ですが、活動拠点として「かもや堂」(秋田県山本郡藤里町藤琴字藤琴55番地)を協力隊オフィスとしています。

※その他、必要に応じて町外でのイベント・研修・会議等への参加もあります。

⑥活動時間

ミッションや自主的活動に応じて各自の判断で行いますが、概ね1日7時間45分、週5日勤務を心がけてください。また、別途かもや堂の管理業務もあります。

【協力隊の1週間】(例)

1週間

⑦活動形態 藤里町地域おこし協力隊として、町長が委嘱します。
(雇用契約は結びません。※副業が認められます。)
⑧活動期間 委嘱の日から1年間。
※最長で3年間まで延長します。
※就任の時期は2次試験合格後、原則として半年以内。(今回募集分は8~12月)
⑨待遇等

(1)活動の対価として謝礼金を支払います。委嘱後2年目、3年目の加算あります。
【1年目】月額 166,000 円、【2年目】月額 174,000 円、【3年目】月額 184,000 円
【2年目・3年目特別加算額】(年2回)
   7月:月額謝礼金の 50/100  12月:月額謝礼金の 100/100

(2)家族を扶養している場合は、家族協力金を加算して支給します。
   配偶者等 6,500 円、その他扶養者 10,000 円(1 名につき)
(3)町との雇用関係はありませんので、国民健康保険・国民年金への加入が必要です。
(4)活動期間中は賠償責任保険及び傷害保険に加入することとし、費用は町が負担します。
(5)研修への参加費や旅費は、町職員の例により町が支給します。
(6)活動に使用するパソコン、車両は町が準備し、無償で貸与します。
(7)住居家賃は町で負担します。
(8)電話等通信費の一部(固定電話基本料金・プロバイダ月額利用料)を町で負担します。
(9)光熱水費は隊員の負担とします。
(10)町へ赴任するために要した費用は予算の範囲内で一部を町が負担します。
(11)その他、活動に必要な経費等は予算の範囲内で町が負担します。

⑩応募方法 (1)応募申込:所定の「応募用紙」と「レポート」を提出ください。
※藤里町地域おこし協力隊募集ページへ掲載しております所定の様式を利用ください。
※応募用紙、レポートは所定の様式でパソコン入力または手書きで記入ください。(一部自署指定がある箇所は手書きでお願いいたします)
(2)応募用紙の提出締切り 7月2日(木)午後5時必着
(3)提出方法 郵送(簡易書留推奨)または直接提出
⑪選考方法

(1)一次選考(書類審査・レポート審査)
書類及びレポートによる選考の上、結果を7月中旬までに応募者全員へ郵送で通知します。また、合格者には別途メール等でご連絡いたします。

(2)二次選考(面接)
一次選考合格者を対象に、藤里町の町内視察と面接を行います。(7~8月実施予定)
面接日時については、一次選考結果を通知する際にお知らせします。
※新型コロナウイルス感染症の罹患者が確認されている都道府県に在住、及び藤里町へ来町する際、その都道府県を通過しなければならない方(例:羽田空港を利用する等)についてのみ、オンラインによる面接及び町についてのオリエンテーションを実施します。面接日は対面での面接試験日と同日とします。詳細については一次選考合格者に対して通知いたします。
※二次選考時の旅費等は、予算の範囲内で一部を町が負担。
※二次選考の結果によっては三次選考を設け「おためし地域おこし協力隊」として2泊3日以上の試用期間を行う場合があります。

(3)応募書類送付先
藤里町役場 総務課 企画財政係 地域おこし協力隊採用担当
〒018-3201 秋田県山本郡藤里町藤琴字藤琴8番地

(4)その他
・応募された応募用紙、レポート、資料等は返却いたしません。
・試験結果に対する異議等には回答いたしません。
・虚偽の申告、代理人の受験等によって不正に合格を得た場合は採用取り消しいたします。
・新型コロナウイルス感染症の流行状況により、採用試験が困難な場合は試験を一時中断、または中止する場合がございます。

⑫お問い合わせ先 藤里町役場 総務課 企画財政係(担当:福司)
〒018-3201 秋田県山本郡藤里町藤琴字藤琴8番地
TEL 0185-79-2111
FAX 0185-79-2293
mail:kikaku@town.fujisato.akita.jp

ページトップ