秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

くらし×しごと

潟上市×有限会社メロニーハウス

~「くらし×しごと」体験プログラム~2017 2017年12月21日

西村さん体験記(2017年12月14日~22日)

体験日記1日目 12/14】

 朝、秋田駅に到着し、ホテルに荷物を預け、まずは、インフォメーションセンターに、と思ったら、途中で、「あきたアートはだしのこころ」とステキなタイトルのポスターを発見してしまい、そちらに直行。秋田市長さんがいらした直後だそうで、好印象なスタートでした。

 ちょうど作家さんが作品制作中で、私も作品づくりをさせていただきました。作家さんといろんな会話を交わしたり、案内の方の親切な説明や、ナイスなカメラマンとの出会い、秋田のみなさんにすーっと馴染めた気がして、明日からの体験プログラムへの不安が一気になくなりました。

 

15thDec_1 15thDec_3 15thDec_4

【体験日記2日目 12/15】

 滞在する秋田駅から男鹿線で30分弱の上二田駅で降り、私の足で歩いて25分のところに、ワッフルカフェサインがあります。今日は、ディナーの準備、ランチのサラダの配膳、洗い物などを体験しました。活字にするとたった数行ですが、ひとつひとつをスタッフさんは丁寧に説明してくださり、緊張がほどけていきました。夕方にはうれしい注文があり、みんなで拍手!

  「毎日、チームビルディング。」初日の印象です。ひとり、ひとりが、本当に、ワッフルカフェサインで働くことが好きなんだなぁってみなさんとの会話から感じました。 そして、店長は、まるでワッフルカフェサインを我が家のように、大切にしていると感じました。そのような目に見えない「雰囲気」がお客様に伝わるんじゃないかな、とも感じました。忘れかけていた商売で大切なことを思い出させてくれた気がします。明日はどんな一日になるか楽しみです。

IMG_5028 IMG_5053 IMG_5083

 

【体験日記3日目 12/16】

 今朝は、店内の掃除から。トイレは、毎夜清掃しているので、床とテーブル&チェアの掃除をしました。まず、床にモップをかけ、大きなゴミを取り、次にホウキでもモップでも取りきれなかったゴミを取り、最後に、水を霧吹きしながら、木目に沿って、再度モップかけ。自分の足跡が着かないよう、順番を考えながらの作業です。そして、テーブルと椅子のお掃除は、秋田のアイポッシュで!長椅子は、お子さま連れのお客さまが安心できるよう丁寧に座面を拭きます。

  そして、10:10朝礼。コーヒーをいただきながら、今日の天気、ご予約のお客様の共有、今日の業務分担を決め、最後に、カフェサイン独特の唱和で開店です。お客様がカフェサインで過ごす間、あちこちに目が行くはずですが、こうした配慮が空間全体に良い雰囲気を醸し出しているような気がします。「美味しい食事」に、「清潔な環境」は、誰もが望むこと。そして、そこに「おいしい会話」が加わり、お客様がリピートしてくださるカフェなんだと思いました。明日は、初・遅番です。

IMG_5126 IMG_5137 IMG_5101

 

【体験日記4日目 12/17】

 今日は人気のモンブランの、栗の渋皮煮をひたすらカット。無心になります。。そして、今日のメイン体験?のバックヤードの整理。舞台の客席を支えるバックヤードがきれいな店舗は商売繁盛している!を信じ、普段なかなか手が付けられなかった、バックヤードを店長と二人でいるものといらないものに分け、使用頻度によって、グルーピング・レイアウトしました。ゴミ袋4つ分を収穫です!日曜日のカフェの雰囲気を理解するため、午後からの体験としました。しかし、朝からの雪のためか、私がお店に到着した時は、いつもは満席のはずにカフェに空席もちらほら・・・。

  そこで予定を変更して材料の下準備と、バックヤードクリーン作戦。店長の臨機応変さには脱帽です。たった数日ですが、店長業は「大きく」「細かく」そして「常に、スタッフへの配慮を忘れず」もちろん、お客様への配慮は「当然」の姿勢を感じます。どこでそれを感じたか?栗の渋皮煮をカットする私の視線の先で、店長が小さな紙に何かを書いている。それは、ご予約いただいたお客様へのウェルカムメッセージ。心がこもった手書きメッセージをいただいたら、うれしいですよね。そんな店長の背中を見ているスタッフも、とてもやさしくていいチームだなと思います。そして、明日に備え念願の?雪かきも挑戦しました。

 明日は、本格的な雪かきになるか??その前に、最寄り駅の上二田駅から店舗まで「無事に到着できるように」と願う夜です。

IMG_5204 IMG_5193

 

【体験日記5日目 12/18】

 今朝、上二田駅に到着すると一面の雪。恐る恐る駅の階段を降り、いつもの道を歩いて行くと「意外に行ける!」を思いました。さらにスノーブーツを履いていたことも思い出し「やっと活躍してくれた」と嬉しく感じながら、カフェサインへ向かいました。すでに社長の瓜生さんは雪かきをはじめており、私も雪かき体験二日目。いかに美しく仕上げるか考えつつも、「自然には逆らえないな」としみじみ感じました。

  でも、やっぱり雪の季節を選んでよかったです。雪は東北の生活にかかせないと思い、これを体験しないと何もスタートしないと思ったからです。雪かき後、接客ワークショップに参加。講師が様々なシチュエーションでスタッフさんが正しい対応ができるように指導します。しかも、この接客ワークショップは毎週やっているというから驚きです。

 スタッフさんの成長は会社の成長、そしてお客様に愛されるワッフルカフェサインとなるのだと思いました。休憩時間に少々瓜生さんとお話をし「本当に潟上市をよくしたい」という思いが伝わってきました。このようなリーダーのもとで仕事ができるスタッフのみなさんは幸せだなぁと思いました。

  最後に、今日はスタッフさんから林檎のお裾分けを全員に。なんと!私にまで用意してくださいました。あと少しで、体験プログラムが終わるのがちょっとさびしい気持ちです。明日も雪かきからスタート予定。今日より美しく仕上げます!

IMG_5225 IMG_5234 IMG_5247

 

【体験日記6日目 12/19】

 今朝もスタートは、雪かきから。水分たっぷりの雪で、腰をいれてもなかなかの重量です。

 「色々な種類の雪がある」と聞いた事がありますが、実際に雪が降り、寒い中で“雪かき”を体験することで初めて理解できた気がします。

 カフェ開店後も、スタッフのみなさんは接客のあいまの時間を有効に活用し、カフェラテの淹れ方、ギフトの包み方の練習などにいそしみます。

 「お客様においしい飲みものを召し上がっていただきたい」「きれいにラッピングし、お客様の笑顔がみたい」というスタッフのみなさんの気持ちが、自らの行動になるのだと思います。マニュアルだらけの私には新鮮な光景に映り、同時に忘れかけていた商売をしていくうえで大切なことを思い出させてくれました。 

 今朝は、昨日お休みだったスタッフさん向けに接客ワークショップも再度実施。講師のお話で印象的な言葉「このお客様はなぜ、このカフェに来たのか?を考える。」学ぶ姿勢は失ってはいけない、と感じた体験プログラム6日目です。

IMG_5274 IMG_5269 IMG_5268

 

【体験日記7日目 12/20】

 ワッフルカフェサインでの体験最終日の今日も雪かきから。三日間の雪かき練習。毎日、積雪の状態が違うことを発見しました。今朝は昨日駐車していた車のタイヤハウスから落ちた雪の塊が凍り、路面にしっかり癒着していて取れません。雪かきが終わった駐車場の地面は、うっすら白いままでした。

 次に掃除。そして今日の朝礼は、提供する商品の扱い方についての共有から。厳しい話でも「おだやかに」でも、「伝えるべきことはきちんと伝えられる」店長だから、よいチームに育っているのだと思います。

 今日も「チームビルディングなカフェサイン」です。そしてギフト対応のフロー共有“のし”についてのワンポイントレッスンは、百貨店出身のスタッフさんの話を真剣に聞き、日本の文化を再認識しました。10時半に開店し、リエージュワッフルづくりに挑戦です。たった6日目の私にそこまでやらせてくださる店長の「器の大きさ」に感謝です。結果は、マル(の、はず)。しかも焼きあがり、余熱が取れてからトレイに並べると、すぐ三種類をそれぞれ2個ずつお買い上げくださったお客様が!やっぱり、うれしい気持ちになります。ネット販売では味わえない感覚だと思いました。

 たった6日間の体験でしたが、想像以上の収穫がありました。一番は、チームワークの大切さです。

 全員が、お互いを考えての行動をする事で、チームをより良くしていくと思いました。

 「どうしたら、そうできるか?」瓜生さんのリーダーシップはもちろんですがやはり、店長の谷風さんの影響力は大きく、その力がスタッフ全員を「配慮とマナーがある行動へ」と導いているのだと思います。カフェを通して、様々な体験ができました。残りわずかの秋田滞在ですが、明日は県内でも一番雪の量が多い横手方面へ行き、秋田の生活を体験します。

IMG_5288 IMG_5290 IMG_5310 IMG_5313 IMG_5317

 

【体験日記8日目 12/21】

 晴れ女のパワー発揮か、今日は朝から最高のお天気です。秋田移住定住総合支援センターの齊藤さん、金澤さんに秋田の県南を中心に案内していただきました。最初の訪問場所横手市の「秋田ふるさと村」では魅力いっぱいのmade in 秋田の数々。工芸展示館の組子技法による建具には、思わず見入りました。スタッフさんに「興味ありますか?」と声をかけられるほど見入りました。

 秋田銀線細工も見学しました。銀線細工は0.2㎜程度の純銀をより合わせ、加工しアクセサリーなどをつくる江戸時代後期より続く手仕事で、息を吞む美しさです。職人さんからたくさんお話いただきましたが、残念ながら「ネイティブな秋田弁」のため、ほぼ分からず・・・・。

 そしてランチは、B級グルメの「横手焼きそば」。甘めのソースに半熟目玉焼きをからめ、一口。口の中でふわっと広がるソースと卵のやさしい味。そして、福神漬け。この繰り返しは、エンドレスです。それに、ジューっという焼きそばを焼く音でおいしさ倍増でした。

  その後増田町では、内蔵を見学。贅を尽くした内装は非常に美しく、機能性についても考えられており、柱同士の間隔が狭い「飾り柱」は壁を破っても泥棒が入れない、などの工夫があるそうです。街の風景も穏やかで、「また来たいな」と思いました。

 横手市では、秋田県内で屈指の売上げを誇る直売所を有する「道の駅十文字」に立ち寄り、秋田土産を購入しました。

 その後、仙北市角館にある安藤醸造本店へ。モダンに感じた外装のレンガは、明治期まで頻繁に起きた火災から守るためのものだそうです。既に、日も落ち武家屋敷通りも、川沿いの桜並木も、平日だったせいか真っ暗でしたが「また、おいで」と言われた気分です。

 移動の車中で齊藤さん、金澤さんとたくさんお話ができ「秋田にはチャンスがある!」と思いました。

 秋田駅まで送っていただき、こんな看板が目に入りました。

『秋田はきっといい日になる』

“明後日の秋田”も、その次の日の秋田も、きっといい日になる。

そのためにはどうしたらいいか?最終日の明日、考えたいなと思います。

IMG_5359 IMG_5421 IMG_5420 IMG_5408 IMG_5384 IMG_5373 IMG_5336 IMG_5337 IMG_5355

 

【最終日 12/22】

 とうとう最終日です。折角なので、朝早くから散歩をしました。

終わろうとしている夜と、始まろうとしている朝が混じりあった美しい空でした。

 先週の今日は、ワッフルカフェサインの初日。「あのぉ」と恐る恐るドアを開けた時の、スタッフさんの顔のまわりにはクエスチョンマークだらけ。でもその日から、フレンドリーに接してくれたことを思い出しました。今日は定休日明けだから、お客さまで混んでいるのかな?スペシャルパスタの味つけはどうなったのかな?などいろんなことが頭に浮かんできます。

 滞在中SNSで写真を紹介すると、たくさんの友人から「いいね」だけではなく、メッセージを多くいただいた事に驚きました。秋田の資源を生かす方法を一緒に考え、カタチにし、継続し大きく育てる。その先には、移住という選択肢があると思いました。  

 体験プログラムは終わりますが、何かプロジェクトを始動したいなぁと思う最終日です。

プロジェクト名は、「明日の秋田プロジェクト」!

一緒にロードマップをつくる秋田の有志はいないかな?

14thDec_1 14thDec_3 IMG_5422

ページトップ