秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

市町村からのお知らせ

【湯沢市】地域おこし協力隊募集のお知らせ①2018年01月11日

【秋田県湯沢市】働き方改革!シェアリングエコノミー!!新しいことに果敢に挑戦する地域づくりにチャレンジ!!【協力隊募集】

 

秋田県湯沢市

秋田県湯沢市は、個々のスキルを尊重する働き方を応援しつつ、新たな取り組みで地域の発展も同時に考え・行動する地域を目指します。地域おこし協力隊員には、働き方改革、シェアリングエコノミーの二つのミッションに取り組んでいただきますが、全体のミッションは、ICT・IoTの取り組みを推進させ、産業化していくための礎を築くこと、さらには、テクノロジーとの融合など、新しいことに果敢にチャレンジする地域を創り上げることです。

2020年、小学校においてプログラミング教育は必修化されますが、公教育と連携したプログラミング教育のみならず、民間での学びの場を創造し、さらに産業の創造も目指します!!全体ビジョンの一つですが、そんな地域を目指して一緒にがんばりましょう!!

 

 

【シェアリングシティ】

平成28年11月25日、一般社団法人シェアリングエコノミー協会が主催する「シェアサミット2016」において、シェアリングエコノミーに先進的に取組んでいる自治体として湯沢市が、『シェアリングシティ』を宣言、また、 平成29年11月8日、「シェアサミット2017」において、一般社団法人シェアリングエコノミー協会から『シェアリングシティ認定』を受けています。 

 

【秋田県湯沢市のご紹介】

湯沢市は、秋田県の南東部に位置し、宮城県と山形県の両県に接しており、古来より秋田県の南の玄関口として発展した田園都市です。南北に貫流する雄物川とその支流沿いに豊かな水田地帯を形成し、栗駒国定公園に属する県境付近には雄大な自然林を有し、豊富な温泉群にも恵まれています。

 

【主な活動内容】

ミッション① 働き方改革

地域にあった自分らしい働き方の提案を市の委託事業で実施する「クラウドソーシング導入支援事業」で実施します。政府が検討している働き方改革の動向を注視しつつ、シェアリングエコノミーとの両立を図りながら取り組みを進めます。

主な内容:クラウドソーシング事務局運営とワーカーコミュニティ活用の取り組み

  

 

ミッション② シェアリングエコノミーの取り組み

働き方改革と併せて重要なのが、シェアリングエコノミーの取り組みです。湯沢市は平成28年11月に「シェアリングシティ」を宣言しており、家事シェアの「タスカジ」や子育てシェアの「アズママ」など、その取り組みを進めています。地域おこし協力隊員には、市の委託事業で実施する「クラウドソーシング導入支援事業」で、お仕事シェアの取り組みを民間事業者と一緒に進めていただきますが、さらに「タスカジ」や「アズママ」の地域にあった活用方法も検討していきます。 今後、シェアリングエコノミーは遊休資産(物質的なモノだけでなく人的な資源も含む)の有効活用など、その取り組みが加速していきます。地域にあったシェアリングエコノミーを一緒に考え、実行していく仲間を募集します。

主な内容:シェアリングエコノミーとワーカー活用のモデルづくり

  

1月21日(日)JOIN地域おこしフェアに出展します!!当日はHPではご紹介できなかったミッションをつなぐ地域プレイヤーをご紹介!!ぜひ、お越しください!!

ご応募、お待ちしています!

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    なし
  • 活動概要
    ※地方自治体より、右記の地域協力活動を行う旨の委嘱を受けます。
    (1)働き方改革に関する取り組み
    (2)シェアリングエコノミーに関する取り組み
    (3)その他、目的達成に資する活動
  • 募集対象
    (1)年齢が満 20 歳以上 40 歳未満の方。(平成30年4月1日現在)
    (2)三大都市圏をはじめとする都市地域(過疎地域等を除く)に居住しており、採用後 に湯沢市に住民登録を移し、移住できる方。
    (3)地域になじみ、心身ともに健康で、地域住民と協力しながら地域活動に取り組める方。
    (4)普通自動車免許証を取得している方。
    (5)パソコンをメールのやり取り等で日常的に利用している方。
  • 募集人数
    1人
  • 活動場所
    湯沢市内(在宅ワーク推進センターを拠点に活動)
    ※ほか地域おこし協力隊としての活動に関連する場所
  • 活動時間
    原則、月~金曜日の週5日、午前8時30分~午後5時15分(7時間45分)
  • 任用期間・任用形態
    委嘱の日(平成30年4月1日予定)から平成31年3月31日まで
    ※1年毎(年度毎)に更新を行い、最長で3年まで延長する場合があります。
  • 報償費
    月額200,000円
  • 待遇・福利厚生
    ・社会保険なし
    ・住居費用として、月額最大27,000円まで支給します。
    ・その他活動に必要な経費等は予算の範囲内で市が負担します。
  • 申込受付期間
    2017年12月28日~2018年02月09日
  • 審査方法
    応募方法
     応募用紙及び住民票(平成29年12月26日以降発行のもの)を申込先まで郵送して下さい。
     ※応募用紙は市ホームページからダウンロードしてください。
    選考方法
     1次選考:書類審査
     2次選考:面接審査(1次選考合格者を対象に、湯沢市で実施します。)
     ※2次選考について、詳しくは1次選考の結果通知でお知らせします。
  • 参考URL
  • 備考
    市HP掲載の募集要領をよくお読みください。

お問い合わせ先

湯沢市総務部企画課 地域おこし協力隊担当 
〒012-8501 秋田県湯沢市佐竹町1番1号 
TEL:0183(73)2113 FAX:0183(73)2117 
URL:http://www.city-yuzawa.jp/

ページトップ