秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

大館市

大館市について

大館市は、秋田県内陸北部青森県と隣接している地域です。
JR奥羽本線、花輪線、国道7号、103号、285号横断に走りの交通の要衝として栄え、北東北の交流拠点となっております。
古くから秋田杉の産地として栄え、明治期以降、非鉄金属の豊富な鉱床が発見され、戦後の高度成長期にかけては鉱業が主力産業であったが、平成6年に全ての鉱山が閉山して以降、資源リサイクル産業や医療産業が主な産業となっています。

概要

面積
913.70km2
人口
77,169人
キク
秋田杉

※2014年5月1日現在

自然と風土

大館市には、白神山系田代岳や長木川渓流、長走風穴などの恵まれた自然環境のほか、豊富な温泉資源が点在しています。また、総面積の77%が森林面積となっており、うち国有林が56%を占めています。近年、自然志向の高まりとともに里山の良さが見直されつつあることから、森林を自然とのふれあいや健康・スポーツの場として利用する人たちが増えています。

歴史と文化

鳥潟家は旧花岡村において慶長年間から代々肝煎を務めた旧家です。約8200m2の広大な敷地に建つ建物及び庭園は、京都帝国大学名誉教授で日本外科学会会長を務めた鳥潟隆三博士によって、京都の意匠を取り入れ、現在のかたちに整備されました。旧家の佇まいを残しつつ、トラス工法を用いるなど、昭和初期における近代和風建築の代表的な建築です。建物は、昭和11年(1936)に旧主家を曳屋後、約5年かけて増改築しており、大工棟梁は、京都を中心に活躍した成行憲太郎です。
また、敷地内には庭石に鞍馬石を使うなど京風の情緒豊かな庭園が広がり、茅葺きの本格的な茶室も残されています。
現在は、寄贈を受け、「鳥潟会館」として一般に開放されています。

お楽しみ

大館市は、アメッコ市や比内とりの市、たけのこ祭りなど年間を通じての多彩なイベントも企画されています。また、農産物や山菜も豊富であり、特に比内地鶏やきりたんぽなどは地域ブランドとなっています。

大館市の主な祭り

  • ・比内とりの市(1月第4日曜日とその前日)
  • ・アメッコ市(2月第2土・日)
  • ・桜まつり(4月)
  • ・たけのこ祭り(6月第1日曜日)
  • ・大文字まつり(8月16日)
  • ・大館神明社祭典(9月10日・11日)
  • ・本場大館きりたんぽまつり(10月第2土・日)

癒し・趣味

大館市は、忠犬ハチ公のふるさとであり、秋田犬の本場で秋田犬とのふれあいも楽しめます。また、天然秋田杉を薄きはぎ、大館曲げわっぱは、曲げ加工した木製品で、国の伝統工芸品としての指定も受けており、工房で体験することも可能です。

ページトップ

ページトップ