秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

小坂町

小坂町について

小坂町は、秋田県の北東端を占め、青森県、岩手県、秋田県のほぼ中央に位置します。
四季を通じて美しい景観を織りなす国立公園十和田湖を有し、幕末期から鉱山町として栄えてきた歴史を持つ、鉱山文化の香りただよう町です。

お知らせ

記事はありません。

概要

面積
201.95km2
人口
6,139人
アカシア
ベニヤマザクラ
ヒメマス
隣接市町村
大館市、鹿角市、青森県十和田市、青森県平川市

※2010年3月1日現在

自然と風土

総面積の約7割が森林地帯で、山間盆地の積雪寒冷の地域です。町の北東部に水深327m、周囲44kmの国立公園十和田湖を有します。大型の二重カルデラ湖で、山々が燃えるように色づく紅葉、新緑、冬景色など、四季それぞれに息をのむようなすばらしい自然美を見せてくれます。
また、町の花である「アカシア」については町全域で500万本といわれており、開花期にはアカシア祭りが開催され、康楽館や小坂鉱山事務所がある明治百年通りではアカシア並木によりアカシアの香りただよう空間を楽しめます。

歴史と文化

幕末期から鉱山町として栄えた歴史を持ち、特に鉱山が全盛期だった明治末期に建設された「康楽館」、「小坂鉱山事務所」などの近代化産業遺産があり、それらの遺産とアカシア並木、煉瓦歩道が織りなす「明治百年通り」は明治の雰囲気を堪能できます。
「康楽館」は明治43年に建設され和洋折衷造りに特徴があり、常設公演の芝居小屋として活用されています。また、「小坂鉱山事務所」は明治38年に建設され、3階までの突き抜ける「らせん階段」が特徴的で小坂鉱山の文化を展示しています。

お楽しみ

明治の末頃、小坂鉱山で働くため各地から町にやってきた鉱夫たちが、ふるさとを偲のんで始められた「小坂七夕祭」があります。アイデアに富んだユニークな山車が、ハーモニカなどの楽器を使った独特な囃子にのって町内を練り歩きます。
また、十和田湖で行われる「十和田湖湖水祭り」「国境祭」「十和田湖冬物語」、町の花であるアカシアが咲く頃に行われる「アカシア祭り」、町の特産品の実りを楽しみながら特産品をPRする「食と農の祭典」などいろいろなイベントがあります。

癒し・趣味

十和田湖外輪山の白地山は東北百名山に数えられ、山頂付近の湿原には約24種類の高山植物が自生する名山で、登山ガイドの案内も行っております。また、十和田湖畔には約4kmの遊歩道があり、山野草を観察し、湖面に映る景色を眺めながら静かに散策が楽しめます。
また、小坂町の食では「桃豚」「アカシアはちみつ」「ヒメマス」「菜々の油」「小坂ワイン」「ぶどうジュース」やぶどうやはちみつを使用したお菓子・ソフトクリーム、菜々の油を使ったドレッシングなど食の特産品がたくさんあります。

ページトップ

ページトップ