秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

文字の大きさ

facebook

秋田県移住・定住総合ポータルサイト

“秋田暮らし”はじめの一歩

八峰町

八峰町について

平成18年3月27日に旧八森町と旧峰浜村の合併により誕生。面積は234.19km2で白神山地の山々が日本海にせまり、平坦地が少なく、80%近くが森林で占められています。

概要

面積
234.19km2
人口
7,578人
カタクリ
カモメ
ブナ

自然と風土

八峰町は、秋田県の北西部に位置し、北は青森県と秋田県にまたがる世界自然遺産「白神山地」に隣接し、青く広大な日本海と白神山地に囲まれた自然に恵まれた町です。白神山地を源に、塙川、竹生川、水沢川、白瀑川、泊川、真瀬川、小入川の清流が日本海に注いでいます。この水がギバサ(アカモク)、岩ガキをはじめとする様々な沿岸の水産資源を育み、町の漁業を支えています。約24kmにおよぶ海岸線は、砂丘(南部) と岩礁(北部)に覆われ、起伏に富んだ海岸美は秋田県立自然公園「八森、岩館」に指定されています。特に沿岸部には地球科学的に見ても興味深い特徴を持つ所が多くあるため、八峰白神ジオパーク推進協議会を中心にジオパーク(地球科学的に重要な自然遺産を守り伝える自然公園)として認定してもらえるように様々な活動を行って参りましたが、去る2012年9月に日本ジオパークとして認定して頂くことができました。今後は世界ジオパークを目指して引き続き活動を続けて参ります。また、山間部のブナ林等は、秋田県立自然公園「秋田白神」にも指定されています。秋田県総合食品研究所は白神山地の腐葉土から製パンに適した特性を持つ酵母を分離・選抜することに成功し、「白神こだま酵母」として商標登録しました。

歴史と文化

現在は漁業・農業そして観光業を中心とする八峰町ですが、江戸時代には幕府の主要な銀山の1つに数えられていた八森銀山があり、明治時代には椿銀山が開発されるなど鉱業が主要産業でした。
江戸時代後期の旅行家、博物学者として知られる菅江真澄はここ八峰町にもたびたび訪れており、特に手這坂の集落はその景観を桃源郷と名付けるほど絶賛したと伝えられております。また旅のあいだも丁寧な日記をつけながら、細かい部分まで描かれた図鑑に載るような写実的な絵を多く残し、それらは後に数々の紀行文となりました。
八峰町史料調査委員会の尽力により、町の各地から多数の古文書を譲り受け保管しています。また崩し字が多く、判読には技術と経験を要する古文書をより多くの方に活用していただくべく、原文を活字に直した翻刻版を多数出版しており、秋田県立図書館にも寄贈しております。
庚申塔(こうしんとう)が町のあちこちに点在しています。人間の体内には三尸(さんし)の虫が潜んでおり、60日に一度巡ってくる庚申(かのえさる)の夜、人が眠っている間に抜け出して天帝のもとに上り、その人の罪や過失を告げて命を奪わせるといいます。眠らなければ三尸の虫が抜け出せない、ということでその夜は眠らずに夜明かしをするという庚申講という風習があります。これを3年で18回やり遂げる度に記念として建てた石碑のことを庚申塔といいます。

石川駒踊り

五穀豊穣、家内安全などを祈願し祖先の霊や、農作業に活用してきた馬の霊を慰める事を目的として発祥。代々受け継がれてきております。

本館(もとだて)たいまつ祭

約400年前、農民たちの一揆により落城した「本館城」の亡くなった人々の霊を慰めるため、「たいまつ祭り」を行っています。

お楽しみ

広大なブナ林地帯「白神山地」はユネスコによる「世界自然遺産」に登録され、豊かな生命を育み、数々の恵みをもたらしています。訪れる人に、より白神を理解し、鑑賞し、楽しんでいただけるように、ガイドの皆さんが白神山地をご案内しております。
おすすめ:二ツ森登山1086.2m世界自然遺産緩衝地域に入ります。初心者でも楽しみながら山頂まで辿りつけるコースです。山頂からは白神山地全山やブナ林の大パノラマが楽しめます。
車で二ツ森登山口へ(標高900m)~徒歩1.2km(約50分)~二ツ森山頂
ガイドのお問合せは TEL0185-70-4211(白神ふれあい館)

癒し・趣味

二ツ森登山の後はどうぞ「あきた白神体験センター」にご宿泊ください。
世界自然遺産白神山地を東に仰ぎ、西には日本海の大パノラマが広がっている自然環境の中、四季を通じて、さまざまな体験活動ができる宿泊型施設です。

  • ・白神山地の里山や海岸まで徒歩わずか3分。山も海も体験フィールドです。
  • ・JR五能線あきた白神駅向かいで徒歩3分の所にあります。移動の際の拠点施設としても便利です。
  • ・天然温泉「いさりび温泉ハタハタ館」で一日の疲れを癒すことができます。

あきた白神体験センター TEL0185-77-4455

定住をご検討の方へ

平成26年6月23日時点での本町の状況です。

  • ・移住者(U・Iターン者)向けの定住奨励金制度があります。
    (定住奨励金制度(単身転入:15万円、世帯転入:30万円))
  • ・住宅リフォーム制度があり、最大で30万円の助成を受けることができます。
  • ・赤ちゃん誕生祝い金制度があります。
    (第一・二子:5万円、第三子以降:10万円)
  • ・産業・雇用支援施策が充実しています。
    (雇用奨励金制度、ものづくり支援制度、販路開拓支援事業など)
  • ・戸建の町営住宅が93戸整備されています。(一部1棟2戸、1棟3戸住宅有り)
  • ・あきた結婚支援センターへの登録料が無料です。
  • ・八峰町は学力日本一の秋田県の中でもさらには学力・体力一という町です。
  • ・海と山に囲まれているため、一年を通じて山菜採りや魚釣りが楽しめます。
  • ・一部の地域を除き、町内全域で光ファイバー回線に加入できます。
  • ・道路の舗装率は、約93%です。
  • ・上下水道の普及率は、ほぼ100%です。

定住対策事業の総合窓口は企画財政課(TEL.0185-76-4603)になります。詳しくはこちら

ページトップ

ページトップ